Uncategorized

民放連賞につづき、第52回ギャラクシー賞受賞!祝2冠!

By 2015年6月17日 No Comments

TOKYO FM 『ピート・シーガー追悼特別番組 「野に咲く花は、少女の胸に」』(2014年5月28日放送)が、日本民間連盟賞(通称 民放連賞)につづいて、第52回ギャラクシー賞(選奨)を受賞!弊社代表長倉シュタッフ牧子が、出演・通訳・翻訳・構成と4役で関わりました。シンガーソングライター小室等さんをメインナビゲーターに、ピート・シーガー役はトランペッターの近藤等則さんを向かえ、1960年代から現代にいたるまで、日本を含め世界中のプロテストソングに影響をあたえたといわれるミュージシャン・ピート・シーガーにスポットをあたえ、その楽曲がどんな場面のどんな人々に勇気を与えてきたのかを探る番組。オープニングは名曲「花はどこへいった」を歌いながら警官と衝突していた新宿の若者たちの実録からはじまります。ベトナム戦争、ユーゴスラビア紛争などの背景を交え、ドキュメンタリー的、かつファンタジックな面をもつ秀逸な構成の番組で、生々しく現代の日本の状況に迫りました。単なる追悼番組を超え「平和へのメッセージ」を訴えた点が、高く評価されました。