Misaki Kuroe

【Press Release】黒江美咲の「喫茶冷子」、松屋珈琲店と協業により冷コー文化を応援

By 2021年6月30日 No Comments

<2021.06.30リリース>

黒江美咲の「喫茶冷子(店長・黒江美咲)」、松屋珈琲店と協業により冷コー文化を応援

東京と愛知を拠点に活動しているラジオパーソナリティ、黒江美咲(くろえ・みさき、株式会社FM BIRD 所属)が 展開する冷コー(アイスコーヒー)を楽しむカルチャーブランド、「喫茶冷子(きっさ・れいこ)」は大正7年に創業し100年を超える歴史を持つ、東京虎ノ門のロースター(焙煎業者)、株式会社松屋珈琲店(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役:畔柳一夫、以下松屋珈琲店)と協業することを発表します。

この度、黒江美咲の「喫茶冷子」は松屋珈琲店と日本のコーヒー業界を支持する上での持続的な価値創造を目指す理念が重なり、「日本のコーヒーカルチャーを盛り上げるため貢献する」を目標に各自のリソースを生かす協業を開始するに至りました。本協業の内容は、コーヒーカルチャーを応援するPR活動やコラボ商品の開発・販売などを予定しており、今後多岐にわたりお互いの強みを活かした協業を推進いたします。

■ 「喫茶冷子」店長、黒江美咲のコメント

「豆の種類はもちろん、器や氷などでも味の表情が変わるアイスコーヒー。親しみのこもった呼び方”冷コー”は令和のいま聞く機会が少ないですが、レトロな魅力たっぷりの”冷コー”という言葉の響きをキーに魅力を伝えて参りたいです。この度老舗ロースター、松屋珈琲店さんに大きくご協力いただけること、とても嬉しく思っております。」

■ 株式会社 松屋珈琲店 代表取締役、畔柳一夫氏コメント

「「喫茶冷子」はコーヒー好きが一度は夢見る喫茶店開業のような夢のある企画です。コーヒー大好きな黒江さんがたくさんの人々に喜んでもらいたいと言う気持ちのこもった素敵な企画に参加できて嬉しく思ってます。」

■ ラジオパーソナリティ、黒江美咲

東京と愛知、2拠点で活動中のラジオパーソナリティ。美しい声とたたずまい、やわらかな声質と絶妙な空気感という特徴を持ち、2015年雑誌「ラジオ番組表」のFMラジオDJ人気投票で1位獲得するなど、ファンからの絶大な支持を受けています。日頃モーニングやコーヒーを発信していて、特に季節無関係のアイスコーヒーいわゆる冷コー(れいこー)への偏愛は有名です。その強い愛は自ら冷コーを楽しむカルチャーブランド、喫茶冷子(きっさ・れいこ)を立ち上げ、店長を務めることにつながりました。株式会社FM BIRD所属。

黒江美咲 公式HP

■ 喫茶冷子(きっさ・れいこ)

ラジオパーソナリティ、黒江美咲が立ち上げた冷コーを楽しむカルチャーを発信するブランド。ブランド名の由来は、関西を中心に親しまれたアイスコーヒーの呼称「冷コー」から。レトロな言葉の響きに、古き良き喫茶店文化への想いをのせながらカルチャーブランド「喫茶冷子」。黒江美咲は店長として活動を行ってまいります。

黒江美咲・「喫茶冷子」お問い合わせ
株式会社FM BIRD
住所:東京都新宿区四谷3-13-10-207
TEL:03-5369-3640
https://fmbird.jp/

■ 株式会社松屋珈琲店

東京虎ノ門・大正7年創業の株式会社 松屋珈琲店はビジネス街の中でコーヒーの焙煎・製造を行い、コーヒーショップ・喫茶店・レストラン等々の卸売りから、個人のお客様への小売り販売もしておりますロースター(焙煎業者)です。日本の珈琲歴史と共に歩んだ松屋珈琲店は、これからの日本の珈琲文化も引き続き支えていくことを目指しています。

株式会社 松屋珈琲店 お問い合わせ
住所: 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-8-16
TEL:03-3431-1380 FAX:03-5470-9730
http://www.la-vie-en-cafe.co.jp/index.html

©松屋珈琲店・FM BIRD
右から松屋珈琲店の代表取締役 畔柳一夫氏、ラジオパーソナリティで「喫茶冷子」の店長、黒江美咲
松屋珈琲店セールスの阿久井孝成氏、松屋珈琲店バリスタの滝沢拓也氏

©FM BIRD
「喫茶冷子」のロゴ