渡邉 康太郎

Kotaro Watanabe

 

 

SNS Link

Twitter
Blog

Profile

コンテクストデザイナー / Takramマネージングパートナー

東京とロンドンを拠点にするデザイン・イノベーション・ファームTakramにて、
サービスデザインから企業ブランディングまで幅広く取り組む。
テーマは、個人の小さな「ものがたり」が生まれる「ものづくり」
主な仕事にCartierのためのアートフィルム「NIGHT FLIGHT」、
日本経済新聞社のブランディング、ISSEY MIYAKEの花と手紙のギフト「FLORIOGRAPHY」、
一冊だけの書店「森岡書店」、Yahoo! JAPANと文芸誌・新潮とのプロジェクト「q」など。
慶應SFC卒業。在学中の起業や欧州での国費研修等を経てTakramの創業期に参加。
国内外での受賞や講演実績多数。
現在書籍化に向けて執筆中の『コンテクストデザイン』原稿をnoteにて公開中。

Feature

鈴の音のように響き、耳に残る声、知性と感性がつきぬけた若き文化人

Language

日本語、英語、フランス語

Hobby

お酒と香水の蒐集と、茶道。茶名は仙康宗達

Education/Career/Award

【主な学歴・職歴】
2003年-2007年:慶應義塾大学環境情報学部
2005年-2006年:有限会社 Surroundings デザイナー/取締役
2006年:経産省・日欧産業協力センターVulcanus in Europe奨学生
2007年-:株式会社Takram(現職)

【主な教職・審査員・資格歴等】
2009年:スウェーデンIaspis芸術助成委員会アーティスト・イン・レジデンス(東京都 TWS)
2012年-:(香港)香港デザインセンターIDK客員講師
2015年-2017年:東京代官山ロータリークラブ副会長
2017年-2018年:東京代官山ロータリークラブ会長
2017年:(澳)ザルツブルグ・グローバル・セミナー講師
2018年:(独) iF Design Award 審査員
2018年:公益財団法人 三徳庵/大日本茶道学会 正教授
その他講義・講演等多数

【主な著作】
『ストーリー・ウィーヴィング』(ダイヤモンド社、2011年)
『デザイン・イノベーションの振り子』(LIXIL出版、2014年、共著)

【主な監修・解説・寄稿】
『Access to Materials -デザイン/アート/
建築のためのマテリアルコンピューティング入門』(BNN新社、2013年)
『This is Service Design Thinking』(BNN新社、2013年)
『Wabi-Sabi わびさびを読み解く』(BNN新社、2014年)

【主な展示・受賞歴】
2009年
-(独)Red Dot Design Award
-(伊)Salone del Mobile Milano『OVERTURE』出品
2010年
-(米)国立デザイン博物館Cooper-Hewittトリエンナーレ『furumai』出品
2013年
-(独)現代芸術展dOCUMENTA (13)『Shenu』出品
-(英)Icon「Future 50 Shaping the Future」選出
2016年
-(独)Red Dot Design Award
-(独)iF Design Award
-(英)D&AD Award
-(日)グッドデザイン賞・ベスト100
等多数

Works

J-WAVE 『TAKRAM RADIO』(Thu.26:30-27:00)